変わり者が多い月?




私事ですが平成29年2月9日で29歳になりました。

まさに29(肉)づくしです!!


どうも副島です。

2月生まれってレアだし変わり者多いよねとよく言われます、、、、、、。
決してレアではないです。

確かに友達でも変わり者多いです、、、、、、、。
僕を筆頭に、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。



さて現場ですが

店舗の方はなんだかんだで進んでおります。


IMG_0187.JPG

こちらは先行配管の様子です。

設備屋さんの方が床や壁ができる前の工事を行っています。


IMG_0191.JPG


こちらは排水管の施工

水平器を当て勾配を確認中。



設備の工事が終わったらいよいよ天井、壁の施工!!!



IMG_0208.JPG

軽鉄屋さん乗り込みです!!

こちらはいつも僕の現場に来てくれる平沢君です。

いつも元気にテキパキと工事してくれます。
初めましての職人さんともすぐに溶け込める素敵な子!笑


そしてあっという間に終了!!


IMG_0232.JPG

レンジフードも吊り終わり雰囲気出てきました。


先週から大工さん入ってます!!


その様子も今度アップします



それでは本日はこの辺で

小平 店舗新装工事

またまたすっかりご無沙汰になってしまいましたが・・・
こんにちは。横山です。


先月末、2年ほど前にお引渡ししたお客様からお便りをいただきました。
IMG_5084.JPG
お引渡しの際にも色々と拝見させていただきましたが、
今まで40年来お集めになられた食器類をギャラリーで販売されるとか。
今回はそのなかでもDANSKとARABIAの食器類を販売するようです。

お引渡し後、なかなかお会いする機会もありませんでしたので、
先週末にご挨拶もかねてお伺いしてきました。

お客様と久しぶりにお会いし、お元気そうな姿を拝見することができました。
色々とお話しもでき、素敵な食器も購入させていただきました。

IMG_5167.JPG



さて、現場の方は
現在、小平ではご自宅の地下室で手作りパンの製造と販売をする
カフェの新装工事中です。

今回はコア抜きの作業風景。

基本的には既存の構造躯体に穴あけをすることは避けたいのですが、
今回のように、スリーブなど配管の通せる貫通部がない場合には
後から穴をあけていきます。

新築の場合、事前にスリーブなどを用意する時には補強筋などを入れて
開口部廻りを補強していきます。
既存の構造躯体の場合は補強することができないため、
構造躯体に悪影響を及ぼさないように、最大限の注意をはらって施工していきます。


第一のポイントは構造躯体の鉄筋の状況を把握することです。
レーザー探査機等を使い、丁寧にコンクリート内の鉄筋の場所を探っていきます。


IMG_5085.JPG

反応のある場所をマーキングしていきます。


IMG_5086.JPG


マスキングテープ等を使用し、反応のあった部分を壁に表していきます。



IMG_5088.JPG


予定していた穴あけ位置と鉄筋等の重なりがないか確認をし、
最終的な場所を決めていきます。


IMG_5089.JPG


第二のポイントは穴の間隔です。
新築(梁貫通孔)の場合でも、連続する穴の中心間隔は
並ぶ穴の合計の1.5倍以上と制限されています。

直径10センチの穴を2つあけようとすれば、
穴と穴の間隔は30センチ以上離すことになります。


IMG_5090.JPG


場所が決まれば、穿孔機をセットします。
そして、穴あけ開始。


第三のポイントは穿孔中の刃先の反応です。
レーザー探査機等を使用しても、壁の中身が外から見えている訳ではありません。
穿孔機の操作レバーを手動で回転させることで、
回転する刃を構造体に押しつけ、穴あけをしていくのですが、
この時の感触や音にも注意してしながら施工することが大事です。


IMG_5092.JPG

綺麗に穴があきました!


IMG_5093.JPG

取り出したコアにも鉄筋などもありません。
「穴をあける」という言葉では単純な作業ですが、
非常に神経をつかう難しい作業です。


多摩地区の注文住宅・リフォームなら地域密着アズ建設

Instagram

サンプルいろいろ

こんばんは。

今日は雪交じりの雨が降って、とても肌寒いですね。
6年間金沢で過ごして雪には慣れましたが、寒さには慣れませんよね。
断然、冬より夏派の荻田です。


さて、今回はリノベーションで使われる様々な内装材のサンプルを紹介したいと思います。

IMG_0197_R.JPG

まずは皆さんご存知のクロス(壁紙)です。
カタログで気になるものがあるとA4版サイズのサンプルを取ります。

大きいサイズで見るとイメージしやすいという点もそうですが、色には「面積効果」というものがあり、見える面積によって同じ色でも違ったように見えることを言います。
広いほど鮮やかに明るく見えます。

なので、実際に使用するクロスや塗装の色はカタログでみた色のものよりワントーン低いものを選ぶと良いと言われています。


IMG_0200_R.JPG

こちらが塗装のサンプルです。
塗装にもOP(油性),EP(水性),などいろいろな種類があります。
同色でも艶の強さによっても印象や見え方が変わってきます。

色は奥が深いですね〜。


IMG_0198_R.JPG

そしてこちらはCF(クッションフロア)です。
主に洗面脱衣所やトイレなどの水回りの床に使われます。
最近は、フローリング調やタイル調などバリエーションが豊富です。


IMG_0199_R.JPG

最後はカーペット。
最近はカーペットのお部屋をフローリングに変えたい!というご要望がとても多いです。
でもカーペットはフローリングに比べてカラーバリエーションが豊富で、お部屋の印象をガラッと変えることができます。そして比較的安価です。


ざっと様々なサンプルをご紹介しましたが、意外と困るのがいらなくなったサンプルの処分。
いつのまにかサンプルの置き場所がなくなってしまうんです。。。


というところで今週はこの辺で!

多摩地区の注文住宅・リフォームなら地域密着アズ建設

Instagram


補修 点検

今年も早々と一か月が過ぎてしまいましたが
志は高く、腰は低くやっていきたいと思いますw
お世話になっております福田です

昨年お引渡しをしている小金井のO様邸へ補修点検でお伺いしました
住み始めてから気が付いた部分などもお聞きして
キッチンカウンターの幅を変更したり 把手の動きを調整したり
快適に住まわれてい頂いているようでうれしいです

2017-02-07 15.44.49_R.jpg


今後ともよろしくお願い致します〆





多摩地区の注文住宅・リフォームなら地域密着アズ建設

Instagram

月間アーカイブ

←

→